We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

暫定的な競技スケジュール発表

作成: 24.04.2020 18:14 / sk

4月24日(金)国際スキー連盟(FIS)は、2020年サマーシーズンと2020/21年ウィンターシーズンの暫定的な競技日程を発表した。ただしこのスケジュールは、まだ5月18日に行われる予定のスキージャンプ役員会議で承認される必要がある。


2020年FISサマーグランプリは、男女ともに8月上旬のフランス・クルシュベル大会をもってスタートする。

その後、男子は10月のドイツ・クリンゲンタールでのファイナルまで、ヴィスワ(ポーランド)、カザフスタン、チャイコフスキー(ロシア)、ヒンツェンバッハ(オーストリア)の各地で試合が行われることになる。

女子はフレンシュタート(チェコ)、チャイコフスキー(ロシア)での試合を経て、10月3日クリンゲンタール(ドイツ)での最終戦でサマーシーズンが締めくくられることになる。

 

 

スキーフライング世界選手権は12月に

男子のワールドカップは、今年もポーランドのヴィスワにて、11月21・22日に開幕することになる。フィンランド・ルカ大会とロシア・ニジニ=タギル大会の後には、今年3月にコロナ禍の影響で開催できなかったスキーフライング世界選手権プラニツァ大会(スロベニア)が12月11〜13日に予定されている。

その他にも、伝統的な年越し行事のスキージャンプ週間、2022年冬季五輪のゲネプロとも言える2月中旬の北京大会、2月23日〜3月7日のノルディック世界選手権オーバーストドルフ大会(ドイツ)、そしてそれに続くRAW AIRノルウェートーナメントとハイライトが目白押しだ。

2020/21年ワールドカップシーズンは、3月26〜28日のプラニツァ(スロベニア)スキーフライング大会で閉幕を迎えることになる。

 

女子の冬季ワールドカップシーズンは、12月上旬のノルウェー・リレハンメル大会で開幕となり、3月のRAW AIRノルウェーツアーとブルーバード・ロシアツアーをもって締めくくられる予定だ。

 

2020年サマーグランプリ

2020年コンチネンタルカップ

2020/21年男子ワールドカップ

2020/21年女子ワールドカップ

 

※注)大会日程は現地時間です。

最近のニュース