We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

Berkutschi Premium Partners

W杯男子ティティゼー ツェネ・プレウツ予選1位、小林陵侑2位

作成: 21.01.2022 17:49 / sk

ワールドカップ男子ティティゼー=ノイシュタット大会(ドイツ)で、1月21日(金)に第1戦の予選が行われ、予想外にもスロベニアのツェネ・プレウツが135.5mのジャンプで1位となった。2位はワールドカップ総合首位の小林陵侑、3位はオーバーストドルフ出身のカール・ガイガーだった。

ツェネ・プレウツは、「今日は変わりやすい風が吹いていたけれど、条件はフェアだったと思う。それにしても予選で1位になれて、本当に驚いた。僕にとって初めての予選首位。トレーニングの時点ではまだうまくいっていなかったから、1位になれたのは本当に唐突でびっくり。週末の試合でも同じようにうまくいって欲しい」と話した。ツェネの兄ペーターは今日は7位に入った。

 

ノルウェー勢のトップはハルヴォル=エグナー・グランルードで4位だった。ノルウェーチームからは新型コロナ検査で陽性者が数人出て、かなりの打撃を受けている。先週末のザコパネ大会の後に、フレデリック・フィルムスタッドとダニエル=アンドレ・タンデが検査でCovid19陽性と出て、その後ヨハン=アンドレ・フォアファングも陽性となった。ザコパネ戦で優勝したマリウス・リンドヴィクも、陽性になったチームメイトの濃厚接触者とされて自主隔離を余儀なくされている。

 

ドイツからは3位のカール・ガイガーの他にも、マルクス・アイゼンビッヒラー、セヴェリン・フロインド、コンスタンティン・シュミットが8〜9位に並んで、4人がトップテン入りを果たし好成績となったが、アンドレアス・ヴェリンガーが陽性となってしまった。ヴェリンガーはティティゼー=ノイシュタット遠征前に受けた検査で陽性となった。

2018年平昌五輪の金メダリストであるヴェリンガーは、「膝が良くなったと思ったら、今度はコロナ検査で陽性になってしまった。これでノイシュタット大会に参加することができなくなった。僕にとってはもの凄い痛手。特にCt値が30以上なのに…でも仕方ない、陽性は陽性。競技はできるし、もの凄く飛びたかったけど、出場できない」と、かなりイライラした様子で説明した。

 

日本チームからは、2位の小林陵侑の他に、中村直幹が20位、小林潤志郎が27位、伊東大貴が37位、佐藤幸椰が42位で本戦進出を決めた。佐藤慧一は52位で惜しくも予選敗退となった。

 

ティティゼー=ノイシュタット大会の最初の試合は、1月22日(土)16:15(日本時間 翌0:15)から、そして第2戦は23日(日)16:00(日本時間 翌0:00)から開催される予定だ。

 

全リザルト

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差はマイナス8時間です。

 

統計

最長不倒
141.0m
Geiger, Karl (GER)
最短ジャンプ
108.0m
Koudelka, Roman (CZE)
平均飛距離
123.7m
K点越えジャンプ
62.5%
ネーション数
14
トップ10のネーション数
5
トップ30のベストネーション
8
Deutschland
Geiger, Karl
18.12.21
Engelberg
Deutschland
18.12.21
Geiger, Karl (GER) Engelberg