We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

Berkutschi Premium Partners

強風のためインスブルック戦は中止に

作成: 04.01.2022 16:08 / sk

1月4日(火)、第70回ジャンプ週間の3試合目となるインスブルック戦(オーストリア)が予定されていたが、強風のため中止を余儀なくされた。

まずはトライアルラウンドの中止から、度重なるスタート時間の遅延を経て、審判団は15時(日本時間23:00)に試合中止の決断を下さざるを得なかった。

今日の強風の中では、安全で公平な試合を行うのは不可能だった。

 

FIS(国際スキー連盟)レースディレクターのサンドロ・ペルティエは、「私達は10時からジャンプ台に陣取っているけれど、一日中この風がずっと吹いている。数秒の間に秒速2mから秒速8mの風が吹いて、特にカンテ(踏み切り台)付近はとても強い追い風に見舞われている。私達はできること全てを試してみた。15時ちょっと前にはだいぶ良くなって、もしかしたらジャンプできるかもとも思われたが、それもつかの間で、また風が強くなってしまった。予定を変更するしか無く、ビショフスホーフェン(オーストリア)で2試合開催することになった」と、説明した。

 

ドイツのヘッドコーチ、シュテファン・ホルンガッハーは、「ここでジャンプすることを楽しみにしていたから、今日の試合が中止となってしまって残念。とは言え、この状況で飛ぶのは危険すぎるから、中止は正しい判断だと思う。残念ながら明日のビショフスホーフェンの天気予報もあまり良くないみたいだけど、どうかな。それでも私達がやるべきことはあまり変わらない。もし小林陵侑がちょっとミスをすれば勝ち目もあるかもしれない」と、話した。

 

ビショフスホーフェンで2試合

インスブルック戦の代替戦は、1月5日(水)にビショフスホーフェンで開催されることになった。

11:30(日本時間19:30)に公式トレーニング(1ラウンド)、13:00(日本時間21:00)からは予選が行われることになった。

その後16:30(日本時間 翌0:30)から本戦が開催される予定だ。

 

ジャンプ週間:総合成績

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差はマイナス8時間です。

 

ギャラリー