We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

Berkutschi Premium Partners

世界選手権NH男子予選 無敵のグラネルード

作成: 26.02.2021 22:59 / hn

2021年世界選手権ノーマルヒル個人戦の金メダル候補はハルヴォア=エグナー・グラネルード(ノルウェー)だ。2月26日(金)の晩に予選が行われ、グラネルードは105.5m(144.2ポイント)のジャンプで、2位のアンツェ・ラニセク(スロベニア、103m、137.4ポイント)と、3位のシュテファン・クラフト(オーストリア、101.5m、134.4ポイント)に差を付けて1位となった。

ワールドカップ総合首位のグラネルードは、トレーニング3日目にしてオーバーストドルフのノーマルヒルで完璧なリズムをつかんだようだ。

27日(土)に開催される個人戦で金メダルをとろうと思う者は、グラネルードを超えなくてはならない。今季既にワールドカップ11勝を挙げたグラネルードにとっては、向かうところ敵なし、といったところだ。

Ganz stark: der Slowene Anze Lanisek

 

金曜の予選で一番グラネルードに近づいたのはスロベニアのアンツェ・ラニセクとオーストリアのシュテファン・クラフトだったが、グラネルード超えるまでには至らなかった。

グラネルードのチームメイト、ダニエル=アンドレ・タンデが今日の予選で4位に、佐藤幸椰は日本チーム最高の5位に入った。
 
ポーランドのカミル・ストッフとタイトル保持者のダヴィド・クバツキーは6位・7位と続いたが、グラネルードとの差は約13ポイントにもなっていた。ノーマルヒルでこの点差はかなりのものだ。
 
今日の予選で好印象だったのは10位に入ったロシアの若手ダニール・サドレフだ。これからの活躍が間違いなく楽しみだ。

ドイツ勢のトップだったのは11位のカール・ガイガー、マルクス・アイゼンビッヒラーはサッツでミスしたものの14位となった。ピウス・パシュケは16位だった。
 
日本チームからは、5位の佐藤幸椰の他に、小林陵侑が17位、佐藤慧一が18位、小林潤志郎が30位に入った。
 
 
2021年世界選手権のジャンプ男子最初の種目となるノーマルヒル個人戦は、2月27日(土)16:30(日本時間 翌0:30)から開催される予定となっている。
 

全リザルト >

Kommt wieder in Top--Form: Stefan Kraft aus Österreich

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差はマイナス8時間です。

 

統計

最長不倒
105.0m
Zyla, Piotr (POL)
最短ジャンプ
79.0m
Vassilyev, Danil (KAZ)
平均飛距離
95.3m
K点越えジャンプ
65.4%
ネーション数
17
トップ10のネーション数
5
トップ30のベストネーション
4
Österreich
Deutschland
Polen
Slowenien
Norwegen
Japan
Zyla, Piotr
15.02.20
Bad Mitterndorf
Polen
09.01.21
Stoch, Kamil (POL) Titisee-Neustadt