We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

Berkutschi Premium Partners

夏季最後の予選でクバツキーが1位、佐藤幸椰3位

作成: 01.10.2021 20:56 / sk

2021年サマーグランプリ男子で最後となる予選が10月1日(金)の晩、ドイツ・クリンゲンタールで開催され、ポーランドのダヴィド・クバツキーが1位になった。ヒルサイズ140mのクリンゲンタール・ラージヒルで、クバツキーは137mのジャンプを決めて、スロベニアのアンツェ・ラニセクを2位に、日本の佐藤幸椰を3位に抑えた。

日本チームからは3位の佐藤幸椰の他に、小林陵侑が16位、佐藤慧一が20位、小林潤志郎が24位、中村直幹が33位に入った。

 

2021年サマーグランプリの最後の試合となるクリンゲンタール本戦は、10月2日(土)14:15(日本時間21:15)から開催される予定だ。

 

全リザルト

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差はマイナス7時間です。

 

関連トピック

統計

最長不倒
140.0m
Kobayashi, Ryoyu (JPN)
Granerud, Halvor Egner (NOR)
最短ジャンプ
108.5m
Schiffner, Markus (AUT)
平均飛距離
124.7m
K点越えジャンプ
63.6%
ネーション数
12
トップ10のネーション数
6
トップ30のベストネーション
9
Deutschland
Kobayashi, Ryoyu
25.03.21
Planica
Japan
25.09.21
Sato, Yukiya (JPN) Hinzenbach