We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

Berkutschi Premium Partners

男子ジャンプ再開! グランプリ・ヴィスワ大会初日

作成: 21.08.2020 20:33 / sk

スキージャンプのワールドカップシーズンがノルウェー・トロンハイムで突然終了してから約6ヶ月後の今日8月21日(金)、2020年FISサマーグランプリ男子ヴィスワ大会(ポーランド)の初日を無事迎えることができた。長いブランクを強いられたジャンパー達だが、ようやく競技の場に戻ることができたことを祝った。


オリンピック金メダル3冠のカミル・ストッフ(ポーランド)が今日の勝利を収めたものの、本日の主役ではなかった。

入場規制のため限られた観客しか入れなかったアダム・マリッシュジャンプ競技場だったが、今日はこの試合ができること自体がハイライトだった。

 

新しくレースディレクターに就任したイタリア出身のサンドロ・ペルティエは、責任あるレースディレクターとして大会初登場を果たし「ようやくここに来ることができた。みんなこのポーランド大会を開催することができて、ものすごく喜んでいる」と話した。

 

今日の勝者カミル・ストッフは、「やっと今、また試合ができるようになって本当に素晴らしいこと。僕らはここ数週間の間にずいぶん良いトレーニングができたけど、もちろん試合で他の選手と直接比較できるのは格別で、全然違う感触」と満足そうな様子でインタビューに答えた。

 

今日のプロローグでは、ストッフが133.5mのジャンプで139.5ポイントを獲得して、チームメイトのダヴィド・クバツキー(131m、135.2ポイント)を2位に、オーストリアのフィリップ・アッシェンヴァルト(126,5m、126.7ポイント)を3位に抑えて、ポーランドテレビ(TVP)が用意したTVP優勝カップを堂々と手に入れた。

 

各国の出入国規制のためポーランドへの遠征が不可能だったチームもあったため、参戦者は46人にとどまり、予定されていた予選は不要となった。

 

グランプリ・ヴィスワ大会では8月22日(土)と23日(日)に各1試合が予定されており、それぞれ17:30(日本時間 翌0:30)から開催されることになる。

 

全リザルト

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差はマイナス7時間です。

統計

最長不倒
136.0m
Stoch, Kamil (POL)
最短ジャンプ
94.5m
Cacina, Daniel Andrei (ROU)
平均飛距離
117.7m
K点越えジャンプ
46.1%
ネーション数
11
トップ10のネーション数
5
トップ30のベストネーション
10
Polen
Kubacki, Dawid
19.01.20
Titisee-Neustadt
Polen
10.03.20
Stoch, Kamil (POL) Lillehammer