We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

COCヴィケルスン大会 日本勢1位・2位!

作成: 07.12.2019 15:30 / sk

12月7日(土)の午後、ノルウェーのヴィケルスンでコンチネンタルカップ開幕戦が行われ、日本勢がワンツーフィニッシュを決めて2019/20シーズンがスタートした。


この冬最初のコンチネンタルカップ(COC)で、竹内択が勝利を手にした。ヒルサイズ117mのジャンプ台で、32歳のベテラン竹内は安定した110.5mと111.5mのジャンプを収め、両ラウンドで首位だった。合計281.1ポイントで、COC通算3勝目を祝った。これまでの2勝は今年9月のシュタムス大会で挙げた

 

竹内のチームメイト、佐藤慧一は1本目で114mまで伸ばしたが、好条件の風のため順位は9位に留まった。2本目でも112.5mの好ジャンプを決めて合計271.5ポイントとなり、22歳の佐藤は最終的に2位入賞を決めた。

 

COCヴィケルスン大会の第2戦は、12月8日(日)の11:00(日本時間19:00)から開催される予定だ。

 

全リザルト

統計

最長不倒
120.0m
Buskum, Andreas Granerud (NOR)
最短ジャンプ
85.5m
Hu, Jingtao (CHN)
平均飛距離
103.7m
K点越えジャンプ
56.9%
ネーション数
17
トップ10のネーション数
5
トップ30のベストネーション
8
Norwegen
Takeuchi, Taku
22.09.19
Stams
Japan
22.09.19
Takeuchi, Taku (JPN) Stams