COC女子シュチルク第2戦もクラマーが優勝

作成: 09.08.2019 12:45 / sk

8月9日(金)、コンチネンタルカップ女子シュチルク大会(ポーランド)で第2戦が行われ、前日に引き続きオーストリアのマリタ・クラマー(17歳)が優勝した。


 日本の茂野美咲は、一本目では93mを飛んで4位につけていたが、ファイナルラウンドで104mを決めて合計214.6ポイントを獲得して2位まで順位を上げた。これで茂野は32歳にしてCOC初表彰台入りを果たした。

「2位に入賞することができてすごく嬉しい。2本ともうまくいってとても満足している。良い試合だった」と茂野はインタビューに答えた。

 

次の女子コンチネンタルカップは9月14日・15日にノルウェーのリレハンメルで予定されている。

 

全リザルト

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差はマイナス7時間です。

統計

最長不倒
104.0m
Kramer, Marita (AUT)
Shigeno, Misaki (JPN)
最短ジャンプ
53.0m
Sidlova, Viktoria (SVK)
平均飛距離
81.4m
K点越えジャンプ
11.4%
ネーション数
16
トップ10のネーション数
7
トップ30のベストネーション
5
Österreich
Japan
Kramer, Marita
08.08.19
Szczyrk
Österreich
08.08.19
Kramer, Marita (AUT) Szczyrk