ルンビュが最終戦V、ブルーバード総合はサイファート

作成: 24.03.2019 11:54 / sk

今季、圧倒的な強さを見せたノルウェーのマーレン・ルンビュが、シーズン最終戦で優勝し、ワールドカップ通算25勝目を祝った。既に総合優勝を決めている24歳のルンビュが、3月24日(日)にラージヒルで行われたワールドカップ女子チャイコフスキー第2戦で圧勝した。


 今季の世界選手権王者となったルンビュは、ヒルサイズ140mのラージヒルで行われた最終戦でも無敵だった。

ルンビュは、「今日また表彰台に立つことができてとても嬉しい。大ジャンプが沢山出て、素晴らしい試合だった。好調だった去年から、自分のレベルを高く保つことができて良かった。それは自分にとってもチーム全体にとっても大事なことだった」とインタビューに答えた。

 

今日ルンビュに一番迫ることができたのは、ドイツのユリアーネ・サイファートだった。これまでの3試合で全勝しているサイファートだが、今回は128mと、今日の最長不倒となった141mの2本で計258.0ポイントを獲得して2位入賞となった。

 

スロベニアの若手、ニカ・クリツナーは、126mと140.5m(計247.1ポイント)のジャンプで3位となった。19歳クリツナーは、2018年ルシュノフ戦で出したこれまでの自己ベストを更新して、今季初の表彰台入りを果たした。

クリツナーは「今シーズンを締めくくる最高の終わり方だった。ずっと今日みたいなジャンプを収めて、表彰台入りできることを夢見ていた。それが今日叶った。終盤にノルウェーとロシアをまわるツアーが2本あって大変ではあったけれど、素晴らしいシーズンだった」と話した。

 

オーストリアのジャックリーン・ザイフリーツベルガーは、前日のノーマルヒル戦と同じ4位につけた。オーストリアチームは、他にもキャラ・ホルツルが6位、エヴァ・ピンケルニッヒが11位について、上々の団体成績を収めた。

 

今日のドイツ勢で2番手だったカタリーナ・アルトハウスは5位、カリーナ・フォクトは12位だった。

 

日本の伊藤有希と高梨沙羅は7位と8位で締めくくった。

 

マーレン・ルンビュは24日(日)に圧勝を決めたものの、ユリアーネ・サイファートがブルーバード・ロシアツアーの栄えある初代総合優勝を決めた。29歳のサイファートは、シーズンの締めくくりに1万スイスフラン(約111万円)の賞金を手にすることができた。

サイファートは、「初代のブルーバードツアー総合勝者になることができて素晴らしい。このツアーは私達みんなにとって、とても楽しいものになった。ロシアの主催者の皆さんに感謝している」 と話した。

 

マーレン・ルンビュは今季12勝を挙げ、合計1,909ポイントを獲得して、W杯個人総合優勝のタイトルを守った。昨冬同様2位はカタリーナ・アルトハウス(1,493ポイント)、3位はユリアーネ・サイファート(1,451ポイント)だった。高梨沙羅は1,190ポイントで4位だった。

 

ネーションズカップ(国別総合ラインキング)では、ドイツが5,220ポイントで圧勝を決めた。2位はノルウェー(3,443ポイント)、3位はオーストリア(3,192ポイント)だった。日本は2,969ポイントで4位だった。

 

全リザルト

ブルーバード・ロシアツアー:総合成績

ワールドカップ女子個人総合

ネーションズカップ(国別総合)

 

※注)基本的な表記時間は中央ヨーロッパ時間で、日本からの時差はマイナス8時間です。

統計

最長不倒
141.0m
Seyfarth, Juliane (GER)
最短ジャンプ
98.0m
Iakovleva, Lidiia (RUS)
平均飛距離
119.9m
K点越えジャンプ
26.7%
ネーション数
10
トップ10のネーション数
5
トップ30のベストネーション
5
Slowenien
Japan
Lundby, Maren
14.03.19
Trondheim
Norwegen
14.03.19
Lundby, Maren (NOR) Trondheim