We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

W杯女子開幕戦 伊藤有希が優勝!

作成: 02.12.2023 15:43 / hn

12月2日(土)、スキージャンプ女子の開幕戦がノルウェーのリレハンメルで開催され、日本の伊藤有希が優勝した。
ヒルサイズ98mのリレハンメル・ノーマルヒルで伊藤は、フランスのジョゼフィーヌ・パニエを2位に、カナダのアレクサンドリア・ルティートを3位に抑えて優勝し理想的なシーズンスタートを切った。
伊藤は1本目ではまだ4位だったが、2本目では94mの素晴らしいジャンプを決めて、堂々の総合首位となった。

29歳の伊藤有希にとってワールドカップ(W杯)通算8勝目となる勝利だった。前回の勝利は3月のラハティ戦(フィンランド)で挙げていた。

フランスのジョゼフィーヌ・パニエにとっては、2位入賞は自己ベストだ。これまでの自己最高成績は2022年ヒンツェンバッハ大会での3位だった。

3位になったアレクサンドリア・ルティートは1本目では首位につけていた。

6位はマリタ・クラマーでオーストリアのトップだった。「コーチと話していた課題に集中して取り組んで、それはうまくいったと思う。今は一歩ずつ進めていくのが一番大事なこと。上位につけているということは、進んでいる方向が正しいということだから、前向きになれる。更にうまくつなげることが、明日の課題」と2021/2022シーズンで総合優勝を飾ったクラマーは意欲を語った。

開催国ノルウェーは4位、5位、7位(アイリーン=マリア・クヴァンダルアンナ=オディーヌ・ストロームテラ=ミンヤン・ビョルセッツ) に入り、優秀な団体成績となった。

ドイツのトップはカタリーナ・シュミド(旧姓・アルトハウス)は8位、アンア・ループレヒトが9位に続いた。


女子リレハンメル第2戦は12月3日(日)ラージヒル(ヒルサイズ140m)にて開催される。

Yuki Ito

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差は−8時間です。

Josephine Pagnier

 

ギャラリー

Lillehammer Friday Women
02.12.2023 10:18

統計

最長不倒
96.0m
Loutitt, Alexandria (CAN)
Kvandal, Eirin Maria (NOR)
最短ジャンプ
72.5m
Twardosz, Anna (POL)
平均飛距離
85.1m
K点越えジャンプ
24.6%
ネーション数
15
トップ10のネーション数
7
トップ30のベストネーション
5
Österreich
Ito, Yuki
24.03.23
Lahti
Japan
26.03.23
Kobayashi, Ryoyu (JPN) Lahti