We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

Berkutschi Premium Partners

世界選手権 女子LH クラマーが予選1位、高梨3位

作成: 02.03.2021 19:38 / sk

ノルディックスキー世界選手権で3月2日(火)、ジャンプ女子ラージヒル戦の予選が行われ、オーストリアのマリタ・クラマーが1位になった。クラマーは137.5mの大ジャンプで、スロベニアのエマ・クリネッチを2位に、日本の高梨沙羅を3位に抑えた。

2021年世界選手権のジャンプ女子最後の種目となるラージヒル戦が3月3日(水)に行われるが、どうやらマリタ・クラマー対その他全員という展開になりそうだ。

今回の世界選手権から初めて女子種目に加わったラージヒル戦において、素晴らしく好調なクラマーの敵は自分自身だけかもしれない。

 

19歳のクラマーは今日の予選で137.5mまで伸ばし、大差をつけての最長ジャンプを収め、現在の圧倒的強さを印象づけた。

 

ノーマルヒル戦の金メダリスト、エマ・クリネッチ(スロベニア)は、今日の予選では130mをマークして2位になったが、クラマーとの差は実に7.5mもあった。

 

高梨沙羅は3位となり、更なるメダル獲得への期待が高まった。

 

同じことは4位になったドイツのカタリーナ・アルトハウスにも言える。

アルトハウスは、「男女混合団体戦で金メダルをとった後、調子が良いし、自信を取り戻せた気がしている」と、今日も納得のジャンプを見せた後に話した。

 

他の優勝候補ニカ・クリツナー(スロベニア)とマーレン・ルンビュ(ノルウェー)も5位と6位に入り、明日の試合での活躍が期待される。

 

日本チームからは高梨の他に、丸山希が13位、伊藤有希が20位、岩渕香里が28位で本戦進出を決めた。

 

世界選手権の枠内で初めて開催される女子ラージヒル戦は、3月3日(水)17:15(日本時間 翌1:15)から開催されることになっている。

 

全リザルト

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差はマイナス8時間です。

 

統計

最長不倒
139.5m
Klinec, Ema (SLO)
最短ジャンプ
83.5m
Eilers, Natalie (CAN)
平均飛距離
108.4m
K点越えジャンプ
32.9%
ネーション数
13
トップ10のネーション数
6
トップ30のベストネーション
4
Österreich
Deutschland
Slowenien
Norwegen
Japan
Russland
Lundby, Maren
10.03.20
Lillehammer
Norwegen
20.02.21
Rasnov