We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

W杯女子トロンハイム・オープニング:再びルンビュとオプセッツが上位

作成: 11.03.2020 21:36 / sk

ノルウェーのマーレン・ルンビュが、2020年女子RAW AIRの総合優勝をもうすぐ決めそうだ。RAW AIRの3会場目となるトロンハイムで3月11日(水)に行われたオープニングラウンドで、平昌五輪金メダリストのルンビュが1位になった。ルンビュは今日の好成績で優勝への照準を定めた。今日のジャンプでルンビュは120.3ポイントを獲得して、チームメイトのシリエ・オプセッツはその0.4点差で2位につけた。そのまた2ポイント差でスロベニアのニカ・クリツナーが3位となった。


ルンビュは好条件の中で圧倒的なジャンプを飛んで、余裕をもって今日の1位となった。「今日のジャンプはあまり良くなかったけど、1位になれてもちろん満足している」と、26歳のルンビュはインタビューに答えた。

 

シリエ・オプセッツは、昨日のリレハンメル戦での2位入賞に引き続き、素晴らしく好調だ。ここ数日でオプセッツは頭角を現してきた。

 

月曜のリレハンメル戦で大転倒したスロベニアのニカ・クリツナーだったが、肘、肩、腰を負傷したものの既にだいぶ回復したようで、今日は3位に入った。

クリツナーのチームメイト、エマ・クリネッチが4位、高梨沙羅が5位だった。

 

この流れでいくと、マーレン・ルンビュが昨年とったRAW AIR総合優勝のタイトルを2020年も防衛することになりそうだ。

ルンビュは、昨年初めて開催された女子RAW AIRの総合優勝を鮮やかに決めたが、今年もあとここトロンハイムでの試合を残すばかりとなった現在、2位のシリエ・オプセッツに44.4点もの差をつけている。

RAW AIR総合3位にはオーストリアのエヴァ・ピンケルニッヒにが続いているが、既に114.1ポイントもルンビュに引き離されている。

ドイツチームのRAW AIR総合成績トップは、4位のカタリーナ・アルトハウスとなっている。

 

2020年女子RAW AIR総合優勝が、ノルウェー勢の手に入るのはまず間違い無さそうだ。


女子RAW AIRの枠内で最終戦となるトロンハム戦は、3月12日(木)20:00(日本時間 翌4:00)から開催される予定だ。

 

全リザルト

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差はマイナス8時間です。

ギャラリー

DAMEN RAW AIR 2020

15.03.2020 08:41