We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

Berkutschi Premium Partners

W杯男子リレハンメル第2戦 ストッホが優勝、陵侑4位

作成: 10.03.2020 20:20 / sk

3月10日(火)、スキージャンプ・ワールドカップ男子リレハンメル大会(ノルウェー)で、五輪金メダル3冠のカミル・ストッフ(ポーランド)が優勝した。氷点下ぎりぎりの寒さと、絶え間なく降る雨の中で行われた今日の試合で、ストッホはスロベニアの2人ジガ・イエラーとティミ・ザイツを2位・3位に抑えて勝利を決めた。


昨日行われた第1戦の時と同様に、今日のリレハンメルは嫌な天気だった。その悪条件の影響を一番受けなかった選手が、ポーランドのカミル・ストッフだった。

ストッフは131.5mと139.5mのジャンプを決めて、2位のジガ・イエラーに5.3点差で勝った。

今日の活躍でRAW AIR(ローエア)ノルウェートーナメントの総合首位に浮上したストッフは、「今日のジャンプはとても上手くいった。もちろん、天候条件は簡単だったとは全然言えないけど、今日の試合にすごく満足している。総合得点のことは全く考えていない。自分のジャンプをいかに上手く飛ぶかにだけに集中している」と話した。

 

このRAW AIR中に頭角を現したスロベニアのジガ・イエラーが今日は2位に入った。「自分の技術向上のために、いくつかの点を変えてみた。今その成果が出ている。僕のジャンプはとても安定している。次は二つとも初めて飛ぶジャンプ台だから、トロンハイムとヴィケルスンでの試合を楽しみにしている。スキーフライングは何と言っても最高だから」と、イエラーはインタビューに答えた。イエラーは現在RAW AIR総合3位につけている。

 

スロベニアチームからは、ティミ・ザイツも3位に入り、昨日のリレハンメル第1戦で優勝したペーター・プレウツも5位につけて、圧倒的な好成績を収めた。

 

日本勢のトップは小林陵侑で4位だった。

佐藤幸椰が14位、佐藤慧一が21位、小林潤志郎が24位、伊東大貴が30位、中村直幹は39位だった。

 

オーストリアはフィリップ・アッシェンヴァルトが6位、ロシアはイェフゲニー・クリモフが7位で、それぞれチームトップの成績を収めた。

 

本戦で優勝したカミル・ストッフに並んで、ドイツのシュテファン・ライエも予選で1位になって注目を浴びた。ライエは本戦の結果が決まるまでの短い間ながらRAW AIR総合首位につけていた。今日の本戦でライエは9位となり、RAW AIR総合ではストッフにわずか0.7点差で2位に続いている。

 

ワールドカップ(W杯)総合優勝をめぐる闘いは、今日の試合では下の方の順位で争われた。オーストリアのシュテファン・クラフトは今日は17位に終わり、ドイツのカール・ガイガーもこの好機を活かすことができず二つ下の19位に終わった。

今季W杯をあと2試合残すばかりとなった今、クラフトは合計1,659ポイントで総合首位、ガイガーが1,519ポイントで2位に続いている。シュテファン・クラフトは総合優勝に王手をかけており、よっぽどのことが無い限り2019/2020シーズンの覇者はクラフトに決まりそうだ。

 

RAW AIRは早くも明日、トロンハイム(ノルウェー)に舞台を移し休み無く続く。選手たちは、今晩中に特別列車でリレハンメルからトロンハイムへと移動することになっている。

トロンハイム大会の初日3月11日(水)には公式練習が15:30(日本時間23:30)から、予選が17:30(日本時間 翌1:30)から開催される予定となっている。

 

全リザルト

RAW AIR総合ランキング

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差はマイナス8時間です。

 

統計

最長不倒
139.5m
Stoch, Kamil (POL)
最短ジャンプ
80.0m
Wasek, Pawel (POL)
平均飛距離
120.8m
K点越えジャンプ
58.8%
ネーション数
14
トップ10のネーション数
7
トップ30のベストネーション
5
Slowenien
Japan
Stoch, Kamil
26.01.20
Zakopane
Polen
15.02.20
Zyla, Piotr (POL) Bad Mitterndorf