We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

W杯女子リレハンメル 高梨Vで100度目の表彰台!

作成: 09.03.2020 23:01 / sk

FIS(国際スキー連盟)スキージャンプ女子ワールドカップ・リレハンメル大会(ノルウェー)で、3月9日(月)の夜遅く個人戦が開催され、高梨沙羅が優勝した。ワールドカップ最多勝数記録保持者である高梨は手に汗握る試合で、ノルウェー勢マーレン・ルンビュとシリエ・オプセッツを抑えた。


高梨は、120.5mと127.5m(合計296.9ポイント)のジャンプを決めて、ワールドカップ(W杯)通算57目を祝った。更に、高梨にとって記念すべきW杯通算100度目となる表彰台入りとなった。

「とても嬉しいし、今日の自分のジャンプと成績に満足している。集中を切らさずに臨むことができた。それが今日一番大事な事だったと思うし、だからこそ優勝できたのだと思う」と話した。

 

ノルウェーのマーレン・ルンビュは、1本目の時点ではまだ4位だったが、2本目で今日最長の139mまで伸ばし、場を盛り上げた。しかしルンビュは着地の後に雪に手をついてしまい、僅差で優勝を逃した。最終的に高梨との差は1.5点だけだった。

「2本目のジャンプは本当に伸びた。でも着地の後は足で立てないとね。それがスキージャンプで求められるものだから」と、雪を触ってしまった後にルンビュは笑いながら話した。

 

平昌五輪の金メダリストであるルンビュは、それでも今日の成績でオーストリアのキャラ・ホルツル(今日は9位)からW杯首位の座を再び奪い返すことができ、嬉しい結果となった。女子RAW AIR(ローエア)ノルウェーツアーの総合成績でも、ルンビュは高梨沙羅に17.8点差で首位につけている。

 

カタリーナ・アルトハウスは今日は4位で、RAW AIR総合ではドイツ勢トップの3位となっている。

 

スロベニアのニカ・クリツナーがファイナルラウンドで121mの好ジャンプを見せた後、高スピードでブレーキングトラックの柵にぶつかるという緊張の瞬間があった。クリツナーは肘を怪我して、腰の打撲の疑いもあり、会場から運び出された。

 

女子のRAW AIRは、明日3月10日(火)19:15(日本時間 翌3:15)から始まるオープニングラウンドに続く。その後すぐ20:00(日本時間4:00)からは、リレハンメルで2試合目となる個人戦が開催される予定だ。

 

全リザルト

女子RAW AIR:総合ランキング

 

※注)基本的な表記時間は中央欧州時間で、日本からの時差はマイナス8時間です。

統計

最長不倒
139.0m
Lundby, Maren (NOR)
最短ジャンプ
91.0m
Ito, Yuki (JPN)
平均飛距離
109.5m
K点越えジャンプ
9.5%
ネーション数
13
トップ10のネーション数
6
トップ30のベストネーション
5
Österreich
Takanashi, Sara
09.08.19
Courchevel
Japan
01.02.20
Sato, Yukiya (JPN) Sapporo