We use cookies to give you the best possible user experience and to integrate social media. プライバシーポリシー

COC男子札幌第2戦:ムランカ優勝、渡辺弘晃3位

作成: 26.01.2020 07:37 / sk

1月26日(日)、コンチネンタルカップ男子札幌大会の第2戦が行われ、前日の第1戦で2位だったポーランドのクレメンス・ムランカが優勝した。


2位はノルウェーのアンダース・ハーレだった。

渡部弘晃は、前日の第1戦で自己ベストの5位となっていたが、今日は更に順位を上げて3位につけた。28歳の渡部は133mと138.5mのジャンプで215.8ポイントを獲得して、コンチネンタルカップ(COC)で初めて表彰台入りを果たした。

 

COC個人総合得点では、引き続きオーストリアクレメンス・ライトナー(625ポイント)が首位、竹内択(506ポイント)が2位、オーストリアのクレメンス・アイグナー(414ポイント)が3位となっている。

 

次のCOCは来週末に2試合が予定されているスロベニア・プラニツァ大会へと続く。

 

全リザルト

統計

最長不倒
145.5m
Semenic, Anze (SLO)
最短ジャンプ
74.0m
Li, Chao (CHN)
平均飛距離
114.0m
K点越えジャンプ
42.5%
ネーション数
12
トップ10のネーション数
6
トップ30のベストネーション
9
Japan
Muranka, Klemens
14.09.19
Lillehammer
Polen
14.09.19
Muranka, Klemens (POL) Lillehammer